波浪・流況調査

HOME » 地形・地質調査 » 海岸測量

RTK-GPS による地形測量(ネットワーク型RTK-GPS)

ネットワーク型RTK-GPS は、現場で取得したデータを解析専用サーバーへ転送し、リアルタイムで解析処理することで高精度のGPS測量を可能にする技術です。既存基準点でのアンテ ナ設置は不要で、現地作業は少人数で良いため作業効率は飛躍的に向上します。取得データはXYZ座標で保存されるため、そのまま等高線図や横断図を作成す ることが可能です。

RTK-GPS による地形測量1

RTK-GPS による地形測量2

地上設置型レーザースキャナ

地上設置型レーザースキャナは、基準点に設置したレーザースキャナによって陸上の構造物や海浜を面 的に測量するシステムです。膨大な量の3次元データを取得することが可能で、港湾構造物の現況調査や海浜における微地形の変化を把握することができます。 取得点は超高密度のため、点群による表示ではあたかも実際の現場を目視しているかのような表現が可能であり、3次元データの特性を生かし任意断面の横断図 などを描画することも可能です。

地上設置型レーザースキャナ

  • ページ先頭へ