波浪・流況調査

HOME » 地形・地質調査 » サイドスキャンソナー(海底面状況探査)

サイドスキャンソナー(海底面状況探査)

サイドスキャンソナーは、調査船に曳航された送受波器から扇状に発振された音波が海底で反射した強 度を色の濃淡として描画する技術です。反射強度は海底の性状の違いを示しており、海底面の堆積物(泥・砂・礫)の相対的な区分ができます(※1)。また、 広域の魚礁分布や消波ブロックの散乱状況などが面的に把握できます。当社では、KLEIN社製のSYSTEM3000(100kHz/500kHz)を使用し、広域での海底面探査から魚礁ブロックの判読のような高精細探 査までサポートします。

サイドスキャンソナー(海底面状況探査)イメージ

 

サイドスキャンソナー

マルチビーム

探査目的

海底の状況・性状把握
−表層の底質分類
−構造物の現況調査(広域)
−魚礁の現況分布(広域)
水深データの取得
−精密海底地形調査
−構造物の現況把握(3 次元)

探査幅

10m〜200m (※2) 水深の2 倍〜3 倍

探査水深

小型船で実施する場合、通常は数メートル〜70メートル 浅海用:1m〜300m
深海用:数百メートル〜数千メートル

成果図面

記録のモザイク図
海底面状況図(底質判別図) (※1)
魚礁位置図 など
等深線図,水深図
鳥瞰図
断面図 など

(※1) サイドスキャンデータから底質分類するためには、底質採取・分析などの絶対的な指標が必要です。
(※2) 探査幅が広がるほど解像度は劣化します。

デジタルサイドスキャンソナー SYSTEM3000

SYSTEM3000は米国L-3 KLEIN社のサイドスキャンソナーです。海底の底質分布確認(岩礁・礫・砂・泥・砂漣)、海藻や藻場の分布状況確認、既存魚礁の分布状況確認、海中落下 物の捜索などに最適です。高解像度でありながら、コンパクトな曳航体と簡素なシステム構成により、小型船による効率的な作業を実現します。また、船外機船などのごく小さな作業船で浅い深度で曳航しても、海面反射(ノイズ成分)を低く抑えられる特徴があります。

SYSTEM3000

計測概要

沈船を捉えた記録を例に、サイドスキャンソナーの計測概要をご説明します。
サイドスキャンソナーは調査船の船尾から海中を曳航しながら探査します(下図−上)。
「レンジ」とは、ソナーから同心円状に発振された音波の到達距離であり、実際の「計測範囲」はレンジよりもやや短くなります。サイドスキャンソナーの記録 (下図−下)は、受信した音波の反射強度を色の濃淡で表現します。記録の横軸は音波が発振されてからの経過時間と近似し、外側ほど遅れて到達した部分で す。中央部の黒く抜けた記録は「欠測」ではなく、音波が発振されてからソナー直下の海底に反射して帰ってくるまでの時間(曳航高度)です。すなわち、沈船 はソナーのほぼ直下に位置すると言えます。

サイドスキャンソナー計測概要

水深:約45m
曳航深度:約5m
レンジ:200m
周波数:500kHz表示

サイドスキャンソナー計測概要

計測例

水深:約75m
曳航深度:約8m
レンジ:150m
周波数:100kHz表示
探査対象:魚礁

サイドスキャンソナー計測概要

水深:約35m
曳航深度:約5m
レンジ:200m
周波数:500kHz表示
探査対象:底質分布

サイドスキャンソナー計測概要

サイドスキャンソナー記録

タイヤ

タイヤ

砂漣

砂漣

  • ページ先頭へ