波浪・流況調査

HOME » 波浪・流況調査 » 波浪観測

波浪観測

メモリーを内蔵した波浪計を海底に設置し、波高・周期・波向・流況を観測します。機器の設置にあたっては海底の状況を考慮し、厳しい自然条件に耐えうる方法を選択します。観測結果は、防波堤・離岸提・人工リーフ等の海洋構造物の設計及び効果の検証や、海岸保全などの基礎資料に利用されます。当社では国内トップクラスを誇る保有台数により、波浪計が複数台必要な大規模調査にも対応可能です。また、多様な機種を保有することにより、様々な観測条件や設置機器の指定などにも対応できます。

保有機材

波浪計の仕様・保有台数はこちら

AWAC

AWAC

DL-2・DL-3

DL-2・DL-3

Wave Hunter Σ

Wave Hunter Σ

調査事例

  • 港内静穏度調査
  • 沿岸漂砂と外力(波浪)との関係性の把握
  • 設計外力を算出するための基礎資料
  • 自然環境や自然条件の把握

設置・観測例

海底面設置

海底面設置

海底面設置

パイル打込設置

パイル打込設置

パイル打込設置

  • ページ先頭へ

AWACのご紹介

AWACとは

AWAC(エイワック)は、海中に発射した音波の発信音と反射音の時間差と周波数の変移から、水面の変動量と多層流速を同時に測定する「超音波ドップラー波高波向流速プロファイラ」です。従来、波高と多層流速を観測するためには波高計とドップラー式多層流速計をそれぞれ設置して観測していましたが、AWACでは波高観測と多層流速観測を1台で行うことができます。なお、AWACには(独)港湾空港技術研究所で構築された全国波浪観測網(ナウファス)で使用されている海象計の基本技術が採用されています。

AWACのメリットは?

これまでの波高観測では、海底に設置された波高計の電磁流速計の観測結果から波向きを算出していました。波浪による水粒子の動きは海面付近で最も大きく水深に応じて徐々に小さくなるため、波高計の設置水深が深いほど波向きの検出が難しくなります。AWACは超音波ドップラーを使用し、海面付近の流速を直接的に計測し波向きを算出するため、比較的深い場所でも正確な波向き計算が可能です。沖合に波高計を設置する場合や、波高データと共に多層流速(※)を計測したい場合にはAWACでの観測をお勧めします。

※波高と多層流速は同時観測ではありません。

AWACイメージ

AWACによる成果例

AWACによる観測成果は

  • 波浪諸元
    波高・波向・周期の時系列グラフ
  • 多層流速諸元
    各層の流向・流速の時系列グラフ
  • その他オプション
    後方散乱強度を利用した鉛直水質変化の時系列グラフ(下図)

後方散乱強度を利用した鉛直水質変化の時系列グラフ

AWAC設置に関して(重要!)

AWACで記録される波高データは、わずかな施工状態の変化によってその品質が変化することがあります。当社では、過去の施工実績と取得データから設置方法について検討を重ね、調査海域に最適な設置方法をご提案し、AWACのデータを最高の品質で提供します。AWAC設置、解析は当社にお任せください。

  • ページ先頭へ

インターネットモニタリングシステムのご紹介

インターネットモニタリングシステムとは

波高計から立ち上げたブイの先端にFOMA(NTT ドコモ)の通信装置を設置し、観測した波高・波向データを転送するシステムです。通信事業者に転送されたデータはフィルタリング処理され、インターネットを利用してほぼリアルタイムで閲覧できます。また、波高計の内部メモリにも観測データが保存されるため、メモリを回収すれば後処理によるデータの精査も可能です。

インターネットモニタリングシステム

インターネットモニタリングシステム

  • ページ先頭へ